眞鍋泰治税理士事務所

テスト

お問い合わせはこちら

テスト

テスト

2024/05/13

相続税がかかる場合

サブタイトル

相続税がかかる場合

概要

相続税は、被相続人(亡くなった人のことをいいます。)から相続や遺贈によって取得した財産および相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産(「相続時精算課税適用財産」といいます。)の価額の合計額(債務などの金額を控除し、加算対象期間内(注)に被相続人から暦年課税に係る贈与により取得した財産の価額を加算します。)が基礎控除額を超える場合に、その超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。

基礎控除額と正味の財産

正味の遺産額が基礎控除額を超える場合は相続税がかかりますので、相続税の申告および納税が必要です。

正味の遺産額とは、上記イメージ図のとおり、遺産総額と相続時精算課税適用財産の合計額から、非課税財産、葬式費用および債務を控除し、加算の対象となる暦年課税に係る贈与財産(注2)を加えたものになります。

基礎控除額は、3,000万円+(600万円×法定相続人の数(注3))の算式で計算します。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。