眞鍋泰治税理士事務所

生前贈与とは?相続税対策におすすめの方法と注意点

お問い合わせはこちら

生前贈与とは?相続税対策におすすめの方法と注意点

生前贈与とは?相続税対策におすすめの方法と注意点

2024/02/20

生前贈与とは、自分がまだ健康で生きているうちに、自分が所有している財産や資産を、将来相続人に対して現在でも贈与することを指します。この方法は、相続税対策の方法として有効であり、将来の相続時にかかる税金を減らすことができます。ただし、生前贈与には注意点もありますので、しっかりと理解しておく必要があります。本記事では、生前贈与の詳細や注意点について解説します。

目次

    生前贈与とは?

    生前贈与とは、遺言や相続手続きにおいて頻繁に用いられる用語の一つです。これは簡単に言うと、自分が生きているうちに、将来的に相続される予定の財産をあらかじめ相続人に贈与することを言います。 しかし、生前贈与は贈る側の手続きに一定の要件があります。たとえば、贈る側はまだ生きている段階で、相続が発生していてはいけません。このように、生前贈与は、将来の相続において争いを避けるために、事前に贈与を行うことが大切です。 そして、生前贈与は、自分がまだ生きているときに行うことができるため、相続財産の一部を贈与しておけば、贈る側が生きているうちに、相続人同士が争わなくて済みます。また、生前贈与によって相続税を節税することも可能です。 しかし、注意点としては、生前贈与は法律的に複雑な問題を含んでいるため、弁護士のアドバイスが必要です。また、相続人に対して、必ず事前に財産を贈与することが望ましいので、遺言を作成するか相続税の相談をすることをおすすめします。

    相続税対策におすすめの方法

    相続税は、相続人が相続財産を受け取った際に課される税金です。相続税対策とは、相続人が相続財産を受け取っても、多くの負担がかからないようにすることです。そのような方法として、生前贈与があります。生前贈与とは、相続人が相続財産の一部をあらかじめ贈与することです。これにより、相続財産の価値が低くなり、相続税も低くなります。また、財産の活用方針も決まるため、相続後の問題を回避することもできます。ただし、生前贈与は、贈与税がかかるため注意が必要です。また、贈与した財産が復帰相続となる場合もあります。そのため、生前贈与には専門家に相談することが必要です。

    生前贈与による節税効果

    相続が発生した際、生前に贈与を受けていた財産は相続財産から除外されます。このことにより相続税の対象となる財産額が減少し、節税効果が期待できます。ただし、生前贈与はあくまでも相続税の対策の一つに過ぎないため、相続が発生する前に行う必要があります。また、相続税対策のためだけに贈与を行うことは禁止されており、真正な贈与である必要があります。具体的には、贈与を受ける側が贈与に対して謝礼を受けたり、返礼をすることがないことが必要であり、法的手続きもきちんと行う必要があります。相続税対策の一環として生前贈与を検討される場合は、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

    生前贈与の注意点

    生前贈与は、財産を家族や親族に贈与することで、相続時における財産分割をスムーズに行うための手段です。しかし、注意点を守らずに生前贈与を行うと、相続問題やトラブルが生じる可能性があります。まず、贈与の対象となる財産は、相続財産として評価されるため、その額が大きすぎると、相続税が発生する可能性があります。また、過去3年以内に贈与された財産は、相続財産から差し引かれるため、定期的な贈与は贈与者と受贈者双方にとって有利ではありません。さらに、他の相続人との均等な財産分割が実現できるように、生前贈与の内容を公正に決めることが重要です。相続税や登記法等に詳しい専門家に相談し、適切な手続きを行うことが大切です。

    生前贈与の手続きと必要書類

    相続において、遺産分割や相続税の手続きをスムーズに進めるためには、生前贈与の手続きが有効です。生前贈与とは、本人がまだ健在なうちに贈与することによって、相続人に相続財産が減額されることを指します。 生前贈与を行う際には、一定の手続きと必要書類が必要です。まず、贈与する財産によって必要な書類が変わりますが、主なものとしては贈与契約書、評価額証明書、税務署への申告書等が挙げられます。 また、贈与する相手が遺産相続人である場合は、相続人全員の同意書が必要です。さらに、生前贈与には法定贈与と自由贈与の2種類があり、自由贈与を行う場合には、自筆証書遺言書が必要になることもあります。 生前贈与で相続人に相続財産が減額されることで、相続税が軽減される場合があります。しかし、相続税法の改正に伴い、生前贈与に対する税金対策が厳しくなっています。これらの手続きや書類に関しては、専門家や税理士のアドバイスを受けることが望まれます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。