眞鍋泰治税理士事務所

相続税対策のポイント

お問い合わせはこちら

相続税対策のポイント

相続税対策のポイント

2024/01/06

相続税は、相続人が不動産や株式、現金などの財産を相続した際に課税される税金です。相続に伴って支払う必要があるため、相続税対策は重要です。本記事では、相続税対策のポイントを解説します。

目次

    相続税の基礎知識

    相続に際して支払う必要がある相続税についての基礎知識を解説します。相続税は、相続評価額と税率によって計算されます。相続評価額とは、相続人が相続する資産の価値を合算した金額のことです。相続評価額から相続人ごとに控除された額(相続人控除)などを差し引いた金額が、課税対象となります。税率は相続人の関係性に応じて異なり、最高税率は40%です。なお、相続に際しては申告期限があります。相続人、配偶者や弁護士などに相談のうえ、申告を遅らせないよう注意することが重要です。

    資産分割や贈与による対策方法

    相続の対策として、生前贈与を行うことがあります。生前贈与は生存時に、財産を贈与することで、相続時に生じる相続税などを減らすことができます。また、被相続人が亡くなった後の遺産分割も容易にします。すなわち、資産分割には、遺産分割協議の場において、相続人間での合意が必要であり、その際には、相続税法の規程に則っることも必要となります。特に、不動産を分割する場合には、登記といった手順が必要になるため、専門家の助言を得ることが重要です。以上のように、贈与は、被相続人だけの意思で資産を譲渡するする手段として有効ではありますが、相続時に比べて税率が高くなることが多いため、専門家のアドバイスを受けながら、慎重に進めていく必要があります。

    特別控除や優遇措置の活用方法

    相続時には、控除や優遇措置が存在します。特別控除には、遺族控除や配偶者特別控除、子供特別控除があります。また、相続税法には、農地等の優遇措置や金融資産の評価減少優遇措置などが定められています。これらの控除や優遇措置を活用することで、相続財産に対する相続税額が軽減されます。ただし、具体的な控除や優遇措置の適用には条件があり、遺産や相続人の状況によって異なってきます。そのため、相続に関する専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。相続税の申告期限は、相続が発生した日から10か月以内です。また、相続財産の評価額については算定の証拠となる資料が必要となります。相続には複雑な手続きもありますので、適切なアドバイスを受け、トラブルを未然に防ぎましょう。

    遺言書の作成による対策方法

    相続において、遺言書は重要な対策方法です。遺言書により、相続人が争うことを防ぎ、遺産分割におけるトラブルを回避することができます。遺言書の作成時には、自分の望む相続人や相続財産、遺贈したい物や金銭の範囲を明確に記載することが重要です。また、遺言書は定期的に見直し、修正することも必要です。遺言書には法的な要件があり、正式な書式に準じる必要があるため、弁護士や司法書士と相談することが望ましいでしょう。相続におけるトラブルを避けるためにも、遺言書の作成は早めに行い、自分の望む形で遺産を配分することが大切です。

    税金対策に必要な知識や専門家の活用

    相続において、相続税による節税対策が重要になってきます。しかし、税金に詳しくない方や法律の専門知識がない方でも、税金対策を行うことが可能です。そのためには、相続税についての基礎知識を学ぶとよいでしょう。また、税理士や弁護士、ファイナンシャルプランナーなどの専門家の活用も必要です。専門家に相続税の相談をすることで、自分に合った節税対策を提案してくれます。相続税の計算や申告を行う際にも、専門家のアドバイスを受けることでスムーズに進めることができます。税金対策については、専門知識がないと難しいと思いがちですが、専門家に相談することでスムーズに対策を進めることができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。